「かかりつけ医」は患者様一人一人の長期に渡る全身的な健康管理を確実に行うことが使命です。そしていつでも気軽に受診できなくてはいけません。私たちはそんな「かかりつけ医」になることを目指しています。

 

一般内科

風邪、胃腸炎、膀胱炎、肺炎、花粉症などの疾患から、高血圧症、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病まで地域のかかりつけ医として、皆様に安心いただけるよう対応いたします。また各種健診(検診)で二次検査が必要になった方に対しても概ね対応は可能です。ご相談ください。

尚、当院では乳腺疾患は内科で診察しています。 マンモグラフィ、超音波検査、また必要に応じMRI検査で診断を行います。さらに必要であれば専門医療機関をご紹介いたします。 

 

消化器内科・胃腸科

院長の専門である消化器疾患については胃カメラ、腹部超音波検査、腹部CT検査,MRI検査等を駆使し正確な診断、的確な治療を施します。

 

臓器別に見た主な検査方法 (ほとんど当院で行えます。)

臓器

検査法

食道

内視鏡・造影検査(バリウム)

内視鏡・造影検査(バリウム)・CT検査

十二指腸

内視鏡・造影検査(バリウム)・CT検査

肝臓

血液検査・超音波検査・CT検査・MRI検査

膵臓

血液検査・超音波検査・CT検査・MRI検査

胆のう

血液検査・超音波検査・CT検査・MRI検査

胆管

血液検査・超音波検査・CT検査・MRI検査

大腸

内視鏡検査・注腸X線検査(バリウム)

 

〈大腸の検査について〉

今のところ当院で大腸内視鏡検査はできませんが、必要であれば専門医療機関をご紹介致します。過去の大腸内視鏡検査の経験で、「もう2度と受けたくない」と思われている方も少なくはありません。最近増加傾向にある大腸がんが疑わしい方には、やはり内視鏡検査をお勧めしますが、「何となく気になる」程度の方であればスクリーニング検査(内視鏡検査をすべきか否かのふるい分け検査)として、最新のCTを用いた仮想内視鏡検査(バーチャルコロノスコピー)も当院では行えます。(⇒仮想内視鏡検査について